地域おこし協力隊(起業型)の募集について

2021.11.2

 西粟倉村では、地域(村)を舞台に、村の中に新たな価値を創りだす人材を「地域おこし協力隊」として募集します。

 《西粟倉村起業型地域おこし協力隊募集要項》

 

◆地域おこし協力隊制度について

 都市地域から住民票を異動し生活の拠点を移した人を、地方公共団体が「地域おこし協力隊」として委嘱します。

 隊員は、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PRなどの地域おこしの支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着をはかる制度です。

 

◆西粟倉村の地域おこし協力隊(起業型)とは

 「西粟倉村を舞台に新たな価値(市場や経済)を創りだす起業家」を募集・選考のうえ「起業型地域おこし協力隊」に任命し、地域おこし協力隊制度を活用しています。

 これまでに、地域内で「障がい児の放課後デイ」「酒屋さん」「子どものオーダーメイドの帽子屋さん」など、様々な事業者が現れました。

 「起業型地域おこし協力隊」には、最大3年間にわたって事業委託費及び活動費を支払うことで、事業の自立以上を目指す起業家の支援を行います。

 

◆エントリー対象

以下の5項目をすべて満たす個人を対象とします。

  1. 西粟倉村を拠点に起業して、事業の自立以上を目指す方 1
  2. 自ら行動し、挑戦を重ね続ける覚悟のある方
  3. 事業の自立以上を目指す、ビジネスモデルと事業計画の仮説をお持ちの方(事業内容は自由) 2
  4. 西粟倉村のリソース(人及び環境)を活用し、西粟倉村に新たな価値を創りだす事業に取り組まれる方
  5. 地域おこし協力隊制度の適用地域に居住されていて、2022年4月から西粟倉村に移住できる方、または西粟倉村内で別型の地域おこし協力隊制度を活用中の方 3

 

※1:自立以上とは、地域おこし協力隊制度の支援がなくても事業が回り、支援終了後も自立して生活できる状態以上を指しています。

※2:実践を進めながら仮説が変化していくことは構いません。現状の仮説をできるだけ具体的にご説明ください。

※3:過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法、小笠原諸島振興開発特別措置法、奄美群島振興開発特別措置法又は沖縄振興特別措置法に規定する対象地域又は指定地域を有する市町村(政令指定都市を除く。)に生活の拠点を置かない人に限ります。

 

◆地域おこし協力隊員への支援

・事業委託費 月額23万円(年額276万円)

・活動費   年間121万円 

※活動費の用途は事業経費に限ります。 なお、上記は予定額であり、変更となる場合がありますのでご了承ください。

 

◆エントリー方法

 

  期日までに、下記の資料を下記の宛先までお送りください。

   西粟倉村地域おこし協力隊(起業型)選考会エントリーシート

   西粟倉村地域おこし協力隊(起業型)選考会エントリーシート(PDF版)

   西粟倉村地域おこし協力隊(起業型)選考会_収支計画フォーマット

 

【エントリー締切】

202217日(金)17:00(必着)

 

【ご提出先】

sankan@vill.nishiawakura.lg.jp 西粟倉村役場 産業観光課  宛

 

【ご提出内容】

エントリーシート、収支計画及び事業プレゼン資料  

※補足資料があれば添付いただいても構いません。  

※選考会では提出いただいた事業プレゼン資料をプレゼンに使用いただくことを想定しています。提出後にデータの差し替えを希望される場合は、選考会の前日までにお送りください(当日のデータ差し替えはでき兼ねますのでご了承ください)。

 

【申し込み・お問い合わせ】

西粟倉村役場 産業観光課

〒707-0503

岡山県英田郡西粟倉村大字影石33番地1(あわくら会館内)

Phone:0868-79-2230 Mail: sankan@vill.nishiawakura.lg.jp