【新型コロナ関連】中小企業向け保証制度について

2020.05.7

 現在、新型コロナウィルス感染症の発生に伴い、同感染症の影響を受ける業種に属する中小企業者の業況が悪化していることを受け、中小企業者の資金繰り支援措置として、セーフティネット保証4号、5号および危機関連保証について、同感染症による影響を対象した申請が可能となっています。

 

セーフティネット保証(4号)の概要
 
セーフティネット保証(4号)申請様式
 
 
セーフティネット保証(5号)の概要
 
セーフティネット(5号イ-1)申請様式
 
セーフティネット(5号イ-2)申請様式
 
セーフティネット(5号イ-3)申請様式
 
 
危機関連保証の概要
 
危機関連保証申請様式
 
 
新型コロナウィルス感染症にかかる認定基準の運用緩和について
※前年実績の無い創業者や、前年以降店舗や業容拡大してきた事業者の方についても、対象となるよう運用基準が緩和されています。様式については西粟倉村役場産業観光課(0868-79-2111)までお問い合わせください。
 

《提出書類》

・認定申請書:2部

・売上高が確認できる書類     (試算表や売上台帳など。)

・(5号)指定業種に属することを証明するもの (履歴事項全部証明書、許認可証など)

・(5号イ-1、イ-2のみ提出が必要な書類)    最新の決算報告書、所得税の確定申告書(2年分)

・委任状(本人以外で金融機関等が申請の場合)

(注)必要に応じてその他資料等の提出を求めることがあります。

 

中小企業向け保証制度 (セーフティネット保証)とは

 この制度は、取引先等の再生手続等の申請や事業活動の制限、災害、取引金融機関の破綻、全国的な業況の悪化等により経営の安定に支障を生じている中小企業者について、保証限度額の別枠化等を行う制度です。 ※制度の詳細については、中小企業庁のホームページをご覧ください。