人・農地プランの実質化について

 高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。

 このため、それぞれの集落・地域において話し合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」となるのが、「人・農地プラン」です。

 

人・農地プラン作成のメリット

 「人・農地プラン」の作成は、地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」となるほか、「地域の中心となる経営体」として位置付けられることにより、様々なメリット措置を受けることができます。

 

農林水産省HP

 

 

人・農地プランの実質化に向けた工程

  この度、人・農地プランを真に地域の話し合いに基づくものにする観点から、村、農業委員会など関係者の参加の下で、アンケートや地図を活用し、地域の話し合いの場において、農業者が地域の現況と、将来の地域の課題を関係者で共有することにより、今後の農地利用を担う中心経営体への農地の集約化に関する将来方針の作成につなげていけるよう、実質化に取り組むこととしており、実質化に向けた工程表(予定)を公表します。

 

人・農地プラン2020